title
main

ごあいさつ


本展覧会は、会場展示、web展示、図録で構成された、多摩美術大学グラフィックデザイン学科4年生の有志134名による卒業制作展です。
昨年より続くコロナ禍の中で、社会全体が「新しい日常」への対応を迫られています。それは大学も例外ではありません。
授業のオンライン化や、自由にキャンパスに通えない日々が続き、私たちは改めてリアルな場所で反応を受け取ることの重要性を感じました。
開催にはご心配もあるかと存じますが、十分な感染防止対策を講じ、恵比寿ガーデンプレイスを会場に開催します。
最後になりますが、開催にご協力いただきました皆様方に厚く御礼申し上げます。

多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業制作展2021実行委員

INFORMATION

図録WEB販売
4月3日(土)12:00(正午)より、図録のWEB販売を開始いたします。

図録WEB販売サイト

アンケートのお願い
会場展示、図録、Web展示について、皆様のご意見、ご感想を今後の参考にさせていただきます。ぜひご記入ください。

アンケートフォームはこちらから


多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業制作展2021


►ご来場ありがとうございました

WORKS


作品アーカイブサイト ►

EVENTS

ivent

多摩グラ卒業制作展2021 生配信トークイベント

2021年2月24日(水)〜2月26日(金)公式YouTubeチャンネルにて生配信を予定しています。

第一弾「SNSでモノを知る新時代」

2021年 2月24日(水) 19:00〜20:30

ZUMA 氏(文字デザイナー/多摩美術大学グラフィックデザイン学科 卒業)× 佐賀一郎 氏(多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科 准教授)

最新のニュースからお気に入りのアーティストの近況まで、情報収集はスマホ一つで完結する昨今。クリエイターにとってもそれは例外ではなく、SNSでの評価や反応はまったく無視できなくなっています。いわばSNSは作品と社会を繋ぐ窓であり、ものづくりにおける新しい可能性を秘めた場所でもあります。多くのクリエイターが参加しているSNSという環境において、どのようにして自分の居場所を見つけていくか?をテーマに、ゲストのお二方にお話を伺います。

第二弾「明和電機ブランド大解体ショー」

2021年 2月25日(木) 19:00〜20:30

土佐信道 氏(明和電機 代表取締役社長)× 中村至男 氏(アートディレクター・グラフィックデザイナー)× ヲノサトル 氏(作曲家・音楽家/多摩美術大学美術学部共通教育 教授)

近年、企業やアーティストなど規模の大小に関わらず「ブランディング」が注目視され、力を入れています。ブランディング力は養うべき力ではありますが、自身の持ち味を理解し、コントロールすることは容易ではありません。 今年デビュー28年目を迎える明和電機。その一貫してブレのないブランディングについて、明和電機と関わりの深いゲストのお三方にお話を伺います。

第三弾「デザインは私たちを幸せにするのか?」

2021年 2月26日(金) 19:00〜20:30

こばかな 氏(株式会社THE COACH 代表取締役/多摩美術大学グラフィックデザイン学科 卒業)× ハヤカワ五味 氏(株式会社ウツワ 代表取締役/多摩美術大学グラフィックデザイン学科 卒業)

SNSで誰もが気軽に意見を表明できる時代の中で、人々がデザインや広告へ向ける視線や価値観も大きく変容してきているように感じます。 私たちはあるときは消費者として、またある時は作り手として「デザインのあり方」について考える機会が増えました。作り手は、その中でどのような表現を用い、何を考えていかなくてはいけないのか?これからのデザインに求められるものとは?をテーマに、ゲストのお二方にお話を伺います。

CONTENTS

インタビュー

メイキングインタビュー

第一弾
─メイン・ビジュアル編─
第二弾
─図録編─


アーカイブサイト

web展示
アーカイブサイトはこちら ►

SNS

CONTACT

©多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業制作展2021